スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CoolZのストラトキャスター購入

    ハードオフにとても状態のいいCoolZのZST-1Rが置いてあったので見せてもらうと殆ど新品のよう。
    まあ流石に細かい擦れたような跡とかありますが、フレットは弾いてたって痕跡がわからない程度で金属類のくすみもあまり無い。
    生産終了品なので最新のと違いマグナムロックじゃないのが残念な位。ZST-10Rも置いてあったけど、そちらはフレットに削れた跡があり弾きまくってた感がある上にちょっとお高い。
    なのでこっちに決めたのですが初めてのエレキが東海楽器のストラトキャスターだけに懐かしい感じも。最初のもメイプルのフィンガーボードでしたから。このタイプはトラスロッド締めるのがヘッド側なので簡単。

    ZST_162432.jpg

     買って帰って各部の調整してても弦高は高めピックアップは低めオクターブチューニングも合ってないと、やっぱりあんまり弾いてた感が少な目。
    弦高は1弦側が最終フレットで2mm、6弦側が2.5mm辺りを勧められているようで後は好みとなりますね。レスポールと違ってトレモロが付いてるからちょっと高めにして弦が緩んでも大丈夫なように。高めの方がストラトらしいクリアな音が出るかな?
    そしてピックアップは最終フレットを押さえた状態で6弦側が2.5mm 1弦側が2mmというのが基本のようで、後は音の出方を聞いて最終調整する感じですか。

    ストラトタイプは久しぶりなのでやっぱり右手のポジションに悩みます。ボリュームつまみをどう避けりゃいいの?って。
    皆さんの見てると軽くぐー握りしてる人が多いような?

    スポンサーサイト

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    02 | 2017/03 | 04
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。