サイクルショップ

     新居浜にあるサイクルショップしのりんに行ってみました。
    店内はKTサイクルよりちょっと広いかな?という感じですが、ロードバイクが多くてトライアルバイクは壁にかかってあるフレームのみでした。
    タイヤとかリヤは置いてあると言ったましたが基本注文して受け取るという形になりそうです。
    でもトライアルバイク関連のパーツが注文できる場所があるのはいいことです。
    スポンサーサイト

    バイクトライアル動画

     昨日バイクトライアルの動画を初めて上げました。
    まだ始めてから一か月なので大したことはできませんが動画を上げる事でモチベーションアップも図れるので昨日撮影編集し上げました。
    場所は港で、はじっこの方に30cm角程度の古い木材があり、そこに上がって3mを走り切れればと思い練習。
    走り切れた時もありましたが、動画では上がった時点でのバランスの崩れを修正しきれないまま途中で降りる羽目に。

    もう一つのタイヤはピットに被せる形で置かれていたもので45cmから50cm位あるでしょうか?前輪を上げるのは慣れてくれば難しくはないけどそこから後輪を上げるとなるとまだまだです。
    ここは月一くらいしか来ないから次回には上がれたらいいけど、とりあえず基礎練習のスタンディングをしっかりしなければいけません。
    あとフロントを上げたまま降りれるようにしたいところ。

    トライアルバイクのパンク

     BIONICのリヤタイヤがパンクしました。
    何故かチューブの内側、ハブ方向にあるリム側です。
    リムに何かあるのかと触ってはみたもののリムテープがあるだけで、突起らしきものは見当たりませんでした。
    なので普通の修理して空気入れしましたが、ここでビードが外れるという軽いトラブル。
    リムとタイヤのビード部分があまりカッチリかみ合わないので空気の入れ始めはタイヤをもみもみしたりして外れようとしてないかチェックが必要です。
    まあタイヤを外すのは簡単でした。ロードバイクの700Cとは全然違います。
    当然タイヤを入れるのも手だけで割と軽く入ります。

    何だこれ?

     BBがなんか緩むしクランクもとクランク周り見ててふと気づいた。
    あれ?これってクランクシャフトのところ、BBにロックナットが付いてないんじゃ?と。
    買った時からこのままでBBのペンキも白いままだから気付かなかったけどBBのロックナットが付いてないから緩むんだと分かった。

    この件でショップにメールで尋ねたら返事が来ました。
    バイクトライアル車はBBにロックナットが付いていないのが普通だと。
    分からないものです。やっぱり始めての物は標準がどうなのか。
    ショップによると緩んだら締めるでいいらしい。しっかり締めるようにと。
    手持ちの工具だとクランクシャフトが太すぎて使えなかったからサイクルショップに行けたら探すべな。

    バイクトライアルBB

    そうそう今日もフロントアップの練習してたら上がるだけは上がりました。
    全然キープはできませんが、何か練習方法も考えたいと思います。

    フロントアップ

     これまでまともにフロントアップできてませんでしたが、今日は若干ハンドルを手前に倒したからか少し上がった。
    で、利き足とは反対の左足側を漕いでみたら割りと上がりました。なんだかいつもと違う感じ。
    いつもはなんとかボディアクションで上げようとあがいてたけど、いい感じに漕げたのかハンドル調整のお陰なのか?
    そこそこ上がったのでどこかステアがあれば上がれるかちょっと試してみたいところですが今日の場所は何もなし。
    オマケに暗くなってきたので練習終了。明日も練習できればおさらいしてみたい。
    ハンドルポジションについては前に倒したいけど、その前に15cmのステムをゲットしたい。

    増し締め

     バイクトライアルはただ走るのではなく前後を上げ下げしたりガツンとブレーキを掛けたりするからかまだ飛んだりはねたりしていない自分程度の乗り方でも各部が緩んでしまう。
    今度はクランクのボルトが緩んでるので、グリスを塗ってから8mmアーレンキーで増し締め。

    でもBB部分も緩んでるのだが今日のところはプーリー抜きが無かったがのでまだそのまま。
    早目になんとかしたいのだが。シーソースタンディングをしてたらやはりガシャガシャ異音が。
    今日は殆ど乗る時間が無かったけど明日はちょっと練習できそう。

    練習とセッティング #002

    今朝も練習してたらなんだかガシャガシャとうるさくなってきてる。
    最初はフロントフォークの取り付け辺りかな?と思いステムを外してみたが違うっぽい。
    でコラム内を見るとコラムのトップからステムのトップまでの距離があるから3mmのスペーサーを一個外してみた。
    スペーサーはまだ三個ある。

    結局ガシャガシャいってたのはハブのナットの緩みだった。
    けっこうアチコチ緩み易いとは思ってたけどフロントのハブのナットが緩むとは。
    もしかしたら最初から緩めだった可能性もあるんだけど。
    まあBBも緩んできてるんで工具買って早目に締めないと。

    シーソースタンディングの練習はボチボチ長くなってきて今朝は30秒は軽く超えて1分近いか?って感じに。
    でもその先にまだまだ進めませんが。そろそろ横移動なんかも混ぜようとはしてるんですが。
    ただスタンディングはあまり動かずに止まれたりしてちょっとは成長してる感じも。

    練習とセッティング

     シーソースタンディングがまだまだなので今日も練習。
    なるべく腕力に頼らずに膝の屈伸をメインに前後を上げれるようにしてます。
    膝の屈伸を上手く使えば握力は弱めでもフロントが上がるようです。
    ハンドルは少し前に倒してましたが又戻しました。

    練習後ブレーキレバーも調整。
    Vブレーキとかより短いストロークで効き始めるのでレバーを近くに寄せました。
    油圧ディスクはレバー位置がアーレンキーで簡単に変えれるのも良いところです。

    チェーンガード

     バイクトライアルのチェーンが徐々に緩むので一応チェーンガード的な物を付けました。
    物は百均でも電器小物のコーナーに売っているコイルチューブ。
    これを巻きつけてテープで止めただけですが、とりあえずこれでいいかな?と。
    何か他に良さそうなのを見つけるまでの仮りガードみたいな感じです。

    BIONICチェーンガード

    明けましておめでとうございます

     正月の間も毎日少しずつバイクトライアルの練習をしてました。
    せいぜい数十分といところですが、購入してからだいたい2週間程でシーソースタンディングを後ろと前を上げて一回と数えてまして30回超えが何度かできてます。
    一応トラトラ道場の7級は達成しましたが、シーソースタンディングはバイクトライアルの基本なのでこれからも練習を続けてもっと安定してできるようになりたい。
    更に横移動とか自由自在に操れるように。
    シーソースタンディングやってると前後左右のバランスや重心位置の把握ができるようになってきますね。
    まだフロントアップは苦手ですが、買ってすぐの頃よりは上がりつつあります。
    まだステアにはチャレンジしてないんですよね。
    普通の自転車なら20cmはなんとかいけると思うけどステムの長いバイクトライアルだと逆に上手くいくか不安。

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    12 | 2016/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード