スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Windows10でのエクスペリエンスインデックス

     けっこう難しかったですがこちらのサイトでWindows 10でもエクスペリエンスインデックスを評価できると分かりやすく説明されていたのでやってみました。

    hp評価

    以前HDDの時にも評価を取ってたのですが、その時はハードディスクは5.9となってたのでやはりスピードアップは効いてます。
    スポンサーサイト

    Windows10にアップグレードしたノートPCをSSD化

     使ったSSDはこのADATA製の240GBで一万を切ってたのに店で書いてあるリードライトが速かったので決定。
    以前には120GBでSSD化した事がありますが、流石に120GBは少なすぎたし最近は値下がりしてきたので240GB辺りを狙って探してました。

    adata_premier_sp550_ssd_box.jpg

     7mmというのは通常より薄いなと思ったけどウルトラブックなので元々のHDDも7mmだったので結果オーライでした。
    右下がHDDで薄くてペラペラのプレート。
    バッテリーを見ると大きく薄くて容量が3400mAhとスマホ程度です。
    それでも結構長時間使えるのだから省エネ化が進んでますね。

    IMG_20151104_131708.jpg

     EaseUS Todo Backup Free 8.9 を使ってSSDにHDDの内容をコピー。
    Cドライブだけコピーしようとしたけど上手く起動せず結局余計なデータを減らしてから丸ごとコピーしました。
    これも240GBにしておいたからこそですね。
    そのあとは同じEaseUSのパーティションマスターフリーで要らないパーティション削除とデータをCドライブに戻してDATAドライブを削除しました。
    SSDの場合パーティションを分けるより一つにして読み書きする場所を増やす為に空き容量を多くした方がいいので。

    Cドライブの拡張ができない時はデータドライブを縮小して未割当領域を作り、そこに新たなパーティションを作成。そのパーティションをCドライブと合併する事で解決しました。
    合併後はもちろんCドライブになるように設定します。

    ノートベンチマーク1105

    ベンチマークでは店で表示されていた速度とほぼ同じ読み書き速度。
    元のHDDに比べると5倍以上になっていて体感でも速度アップが確認できるので苦労して交換したかいがありますw。

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    10 | 2015/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。