スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    EW-88使ってみて

     手持ちの弦を探してたら、いつ買ったのかエピフォンの弦があったので交換。
    なかなか質がいいのかブリッジの駒がオクターブチューニングしたあとだいたい揃ってます。
    やっぱり安物弦は大ハズレのがありますね。
    グレコのピックアップはスーパースクリーミンとう名にしてはハイが足らずに抜けが悪い印象。
    まあボディの木材感出てる感じからいくとナチュラルな感じでいいのかな?とも思えますが。
    ちょっとずつ現高変えてみたりして試行錯誤しています。

    ウィルキンソンブリッジは1弦と6弦の駒をベタ付けしてスタッドボルトを上げて現高調整してます。
    この方が支点との距離が近い分チョーキングした時の動きが少なくていいように思ったので。
    記事を見てたらブジッジよりスタッドボルトの方が摩擦で減るかも?っていう事が書かれてました。
    スポンサーサイト

    Greco EW-88

     日曜に新たにGreco EW-88を買いました。

    Greco EW88 (S3)

     色はお気に入りとは言いがたいですが、45%OFFだったので。
    もし好みの色とオーマチックバージョンを購入となると二万は上乗せが必要でしょう。
    MADE IN JAPANで税抜き五万切りはなかなかありません。
    オーマチックの方がチューニングの安定性やサスティンに有利かな?と思っていたけどGreco自体なかなか置いてないし、ましてやオーマチックのは見た事さえありません。

     そんな訳で在庫ありで特価だったので購入した訳ですが、練習によく使っているIbanezがビビりポイントが増えすぎてこれはもう気持ちよく弾きにくいから引退だなと代わりのを探していた次第。
    これはダブルカッタウェイだから弾き易いだろうと、対抗としてはエピフォンのTAKモデルを考えてました。
    ただエピフォンって中国製なのにGrecoより高いのが気になってまして。

    これはネックが塗装じゃないので試奏した時に気にはなりましたが慣れるだろうと。
    実際に慣れてきたら滑りの良さがスライドには向いてますね。
    両サイドが割と少ないからフレットから弦落ちしないか?と気になりますが今のところ問題ないようです。
    弦はまだ009からのゲージなので音も含めてまだこれから印象変わるかも?
    重量は3.1kgしか無かったので立って弾いても負担は少な目です。
    特にCoolZと比べると重量差は大きいですね。

    音はスクりーミンってネーミングから考えてたよりはノーマルな感じ。
    Ibanezに搭載しているセイモアダンカンをこっちに移植するかまだ考え中です。
    ゼブラカラーは見栄えいいですし。
    でも移植するならタップしてシングルの音が出せるようにポットも変えたいところ。

    Ibanezでは弾いてる時にボリュームつまみが指に当たり段々回ったりしてましたが、これはピックアップ切り替えスイッチなのでそういう心配は無し。
    CoolZもそうですが、高めのギターはピックアップ切り替えスイッチの動きが軽いです。

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    02 | 2015/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。