スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    JFEが超高速充電器を開発

     EVの充電時間を短くする取り組みが進んでいる。JFEエンジニアリングは、超急速充電器を開発、8分間で80%の充電に成功した。充電器内に二次電池を内蔵することで実現した。


    鋼構造物の設計製造やエネルギーシステム関連のエンジニアリング企業であるJFEエンジニアリングは、2011年9月28日、電気自動車(EV)を数分で充電できる超急速充電器「Super RAPIDAS」を開発し、実証実験に成功した。

     3分間でEVが搭載する電池容量の50%を充電でき、8分間で80%に達するという。従来の急速充電器を使うと電池容量の80%を充電するには30分を要していた。つまり、Super RAPIDASを使うと約4分の1の時間で充電できることになる。
    実証実験ではSuper RAPIDASに40kWh、EV側に11kWhの二次電池を内蔵している。EV側の二次電池の容量が0のとき、500V、400A(200kW)で充電し、その後、電圧を400V(160kW)まで下げ、電流を徐々に絞る形で充電した。

     今後は横浜市内の本社構内に設置したSuper RAPIDASを使って実用性試験を続け、EV路線バスやEVトラック、EVタクシーなどの事業に向けた超急速充電器の市場投入を進める計画だ。「これらの商用車は運行拠点が決まっており、新しい充電インフラを導入しやすい」(同社)。その後EV乗用車への導入を狙う。

     Super RAPIDASは、現在日本国内で標準となっているCHAdeMO規格とは非互換だ。「充電用コネクタは海外規格品を使った。ただし、通信プロトコルなどはCHAdeMOと合わせられるように作った」(同社)。今後は、充電器の標準化団体や自動車メーカーとの協力を進めるという。

     同社が超急速充電器を開発した理由は、充電時間を短くすることでさまざまなメリットが生まれると考えたからからだ。

    ☆EVのオーナーにとっては、外出先でもガソリンスタンドと同等の時間で充電が完了し、利便性が高まる。
    ☆充電スタンドにとっては、設備投資額が少なくなり、単位時間当たりのEVの回転率が高まる。

     確かにGSでガソリンを入れるのと同じ時間で充電できるなら、そしてその充電スタンドを設置してある場所が増えれば電気自動車の普及が加速されるでしょう。
    そして効率よくスタンドの運営ができれば価格も下げられます。

     家庭用の電気スタンドを電器屋さんが売るようになればデモ的にスタンドを設置して電気スタンドの数も増えていいのでは?
    スポンサーサイト

    中古品

     今日ちょっとだけ日本橋に行ってきたのですが、最初に入った『じゃんぱら』では、IS03の最安値が6,980円まで下がってるのにびっくり!
    状態のいいのでもプラス千円か二千円で買える。
    秋冬モデルが発表されたのが大きいのだろうけど、子供のおもちゃとしても使えるコストパフォーマンス。
    そういえば、発表された中でフューチャーフォンは3機種しかありませんでしたね。

     もう一つ驚いたのが中古のノートパソコン。
    こちらは本店に置いてあったのですが、CPUはCore i5の2.66GHzと高性能で、HDDも500GBと十分な容量。
    メモリも2GB搭載でマックスだと8GBまで積めるというもので、確かacer製でした。
    この値段でメインマシンとして使える性能があるのがスゴイと思えました。
    core i5なんてもっと高価なマシンにしか搭載されないものと。
    CPUで比べると私のデスクトップのとcoraが2個か4個かの違いしかない。

    auからもiPhone 5販売?

     既に色々と記事が出てauから来年iPhone 5を発売するという未確認だがそれっぽい記事。
    ソフトバンクの孫社長のつぶやきがそれを後押しするかのような意味深な物でより事実っぽく聞こえる。
    そうなった場合auにはSBMへの加入者数を減らせられるメリットはあるでしょうが、低料金で使えるようにするなら料金面ではメリットなし。
    まあdocomo程にはAndroid端末が売れていない状況なので補えるのか?
    逆にdocomoはAndroid端末のGALAXY Xperiaが売れている今となってはiPhoneをわざわざ揃える必要性が薄らいでいる。
    もしそうなった場合一番の被害者となるのはSBMで、今日はソフトバンクの株価が12.3%も下がったそうだ。
    みんな気が早いと思うけど、損しないうちに売っちゃえってのが正解なのかも?
    まあ買う側としてはじっくり見定めてからでいいでしょう。
    私的にはWiMAXとテザリングのAndroidスマートフォンが期待大ですが。
    今のところはテザリング使えるHTC EVO WiMAXが通信料金変わらずですから。
    ただしSIMカードを挿すタイプでは無いので、これから出てくるSIMカードを挿すタイプがdocomoみたいにテザリング使うと1万超えなんてならなければいいのですが。

    GALAXY S ボディカバー

     GALAXY S用にカバーを買ったけど一方は保護能力は高いものの厚みが気になるし、もう一方は薄いもののメッキの為指紋や脂分が気になる。
    意外と純正の裏蓋が安かったので純正を買って使い分けても良かったかと。
    けど今日キャラクターボディカバーを見つけて買ってきました。
    作り自体はやはり純正の出来の良さがあるなと思わせるものの、キャラクター自体が好きなスヌーピーなのでGood!
    白いGALAXY Sを買っておいて良かったなと思えました。
    他にもどこかに売ってれば持っておきたい。
    厚みも重量も増えない(裏蓋交換式の良いところ)のとストラップが普通に付けられそうなのがいいです。

    ボディカバー

    光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も

     光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発している。

     この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。
    池田教授は「赤外線は熱を持つものから出ている。太陽光以外に、火を扱う台所の天井など家中、街中の排熱でも発電できるかも」としており、2013年の実用化を目指す。

     GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。
    パネル状になっている従来型では難しい曲げ伸ばしができ、煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い。

     元記事はこちら

    これが実用化されれば一気にエネルギー問題も解決か?ってくらいスゴイですね。
    なにせ今100万円もかかってる費用が千分の一くらいのコストになってしまうのですから。
    最初からそこまでいかなくても将来性がとてもある技術ですね。

    落とし穴アプリ

     省電力にと考え3G回線を切るタイプのウィジェットをスマートフォンのホームに置いたのですが、アプリケーションの項目にあるバッテリー使用量を見るとセルスタンバイがやたら高い。
    これは電波が弱い時に他の強力な電波を探したりする時に使う項目なのですが、回線を切るアプリなら電力消費が下がるだろうと思ってたのに逆に上がってる。
    色々悩んだ挙句にそのアプリをアンインストールしてみたらあっさりセルスタンバイの数値が下がりディスプレイ(表示)の項目の次に。
    電力消費量を抑えようと思って導入したアプリが電力食ってメモリーも食ってたという。
    確かに変なアプリを入れると逆効果になってしまうとは聞いていたけど。

    ところで今日用があって母親の自転車に乗る機会があったのですが、これが非常にペダルが重い。
    まるでずっと坂道を登っているよう。空気圧が下がってるのは分かってましたが、とてもそれだけとは思えない重さ。
    しかしブレーキは引きずっている訳ではありませんでした。
    ポジションはハンドルが手前に来ててペダルに体重を乗せられないから余計に厳しい。
    あんな自転車によく普通に乗っていられるものだ。

    GPS Essenti

    Android用のアプリで色々な機能の入ったGPS Essentiというアプリをちょっと紹介。
    まずは電子コンパス。勿論端末に電子コンパスが入ってないと使えません。
    下の画像にあるのはマリンなのでヨットにあるような感じになって船体の方向を表す感じ。
    もう一つのパターンはトレッキングで、より精細な感じになってます。
    けど、かなりのズレがある感じなのですが、GPSを拾いながらの走行なら兎も角このコンパスだけだと参考にしかなりません。



     そしてもう一つ別の機能で、カメラで目標物を捉えながら測位するもの。
    スクリーンショットで撮ったのですが、カメラの映像は映らずで想像してください。
    ◯は液晶のセンターで水平線が水平を表し上のメモリで傾斜角を、◯と水平線を一致させればほぼ水平に向いてるってところでしょう。
    これで目標物がどの方向にあるのかが分かるからGPSがダメでも地図があれば大体の現在地が分かるってところでしょう。
    まあこれも同じ電子コンパス使ってるからズレてたら意味ないですが。
    端末の電子コンパスのズレを直すにはどうしたらいいんでしょう?
    PAJEROに搭載してたコンパスはボタンを押してからぐるっと一回りすればリセットされて正しくなってましたけど。

    SC20110912-174604.png

    けっこう風が強めでした

     今日は昼までお仕事してまして昼過ぎから出掛けたのですが、けっこう風が強くてあまり距離は走れないなと近めのルートに。
    と言っても一番の目的はGALAXY Sのカバーと液晶保護シートの購入。
    走ってるうちに思いの外東へとズレていて西へ進路変更してしばらく走っているとコジマの看板が。
    そこで第一店舗はコジマに決定。しかし目的の品はあるにはあったけど少数。
    その後時間を見ながら戻りつつヤマダへ。
    ヤマダでは思ったより多くて焦る必要もなかったなってくらい。
    で、ヤマダで買ったのが下のクリアなキラキラ系?カバー。
    シリコンよりしっかり目でiPod touchでも使っている素材の物。

    GALAXY S01

    カバーを付けるとどうしても一回り大きくなってしまうし20g重くなってしまいますが、傷防止の為には仕方ない。
    機種によってはバッテリーカバーを交換するタイプもありましたがGALAXY S用は無かった。
    もっともバッテリーカバーの交換だとサイドをぐるっと回るメッキはむき出しのままなので傷がつきまくりになりそうですが。

     今日GPSをオンにして時々現在地を検索してみたのですが、時々まったく違った場所が出てきて「使えね~」って時も。
    これはGPSアンテナのせいなのかアプリがちょっとアレなのか?
    まあ基本はアンテナの感度がイマイチなのかな?と。
    まあGPSの感度が悪いっていうのはGALAXY Sのレビュー見てて買う前から分かってたので。

    GALAXY S中古購入

     今日は名古屋に着けて昼から休みに。なので赤門通りのじゃんぱら大須2号店へ中古スマートフォンのチェックに。
    初めて走るルートなのでiPod touchが頼り。初めは迷いましたが、ルーターは常にONで迷ったらtouchの地図で現在地チェック。
    ルートとのズレを見ながら補正してのルート決定でだいたいいい方向へと走りルートが一致してからは楽。
    とはいえ最後の辺りはまっすぐルートじゃなかったのですが。
    けっこう行った所でアイススケートリンクを発見。
    久しぶりに滑ってみたいけどバイクで走って行って滑ってからだと帰りは相当ヘロヘロ状態になりそう。
    今はまだ半袖半パンなので着がえずに滑れるようになったら又考えよう。
    そういえば今年はプールで泳いでもいないな。

     赤間通りに着いて最初はGoodwillの駐輪場にBianchiを止めて店内散策。1Fのスマートフォン関係のグッズをチェックしておいて後でケーブル買いました。
    じゃんぱらは歩いてすぐの所で展示品のGALAXY Sはこの白とちょっと傷アリで千円安い黒とが一台ずつあったので白をGET。
    傷が無いからまるで新品のよう。バッテリーが空だったので動作画面は見れませんでしたが新しい白だけにそこは信用。
    ダメなら翌日クレーム出せるからいいやと。

    GALAXY S

     残念なのはカバーや保護シートも全てGALAXY SⅡが出たからSのが無かった事。
    まだまだ現役なのだからS用も売れると思うのですが。

    帰ってからは設定や2.3へのAndroidのアップデート。
    特にマズい事もなく行きましたが、どうもAPS設定が不安。
    失敗してとんでもない請求が来ないかが不安でドキドキ。
    ちょっと触ったくらいではiOSとはかなり違うなという印象しかない。
    それにメールソフトは全体的にiOSの方が分かりやすいなと。
    解像度が低くて大きな液晶なので文字は大きく見易いのですが。

    Apple、日本でもSamsung提訴 Galaxyの販売差し止め求め

    米Appleは、日本で韓国のSamsung Electronics製品の販売を差し止めようとしている。
    両社の一連の特許戦争における最新の攻撃として、AppleがiPhoneおよびiPadに関連する特許侵害でSamsungを提訴した。

     Appleは、東京地方裁判所に対し、Samsungのスマートフォン「Galaxy S」と「Galaxy S II」、タブレット「Galaxy Tab」の日本での販売を差し止めるよう求めていると、この件に詳しい筋が伝えた。第1回の口頭弁論が9月7日に開かれたという。

     Samsungによると、同社は4月に日本でAppleを提訴し、Appleは8月23日に反訴した。
    共同通信の報道によると、Appleは1億円(約130万ドル)の損害賠償と、製品の販売差し止めを求めているという。

     昨日NTTドコモが同社の次世代高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応するGalaxy Tab 10.1を発表したばかりなのにどうなることやら。
    docomoの社長はSamsunから問題ないと聞いてると言ってましたが問題アリでは?

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    08 | 2011/09 | 10
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。