『ジャパンディスプレイ』

     ここ数日報道されていたとおり、産業革新機構、そしてソニー、東芝、日立製作所の液晶メーカー3社が中小型ディスプレイ事業の統合で基本合意を行いました。
    今後、産業革新機構の主導で新会社を設立し、ソニーモバイルディスプレイ、東芝モバイルディスプレイ、日立ディスプレイズの事業が新会社へと譲渡される計画です。
    新会社はその名も「株式会社ジャパンディスプレイ」。正式契約は今秋、事業統合完了は2012年春の予定。
    新会社の議決権付株式は産業革新機構が70%、ソニー、東芝、日立が10%ずつという割り当てになり、経営者は外部から招聘されるとのことです。

    テレビの販売価格などを見ても分かるとおり、液晶パネル事業は韓国・台湾勢の台頭による価格競争が著しく、日本勢は苦しい戦いを続けています。
    ただ、スマートフォンやタブレットなど向けに高精細液晶の需要は今後も拡大すると見られており、引くに引けない戦いでもあります。
    このジレンマを解消するため、日頃は数が多すぎると揶揄されることの多い日本メーカーが一致団結して取り組むという、珍しいコラボレーションが成立することになりました。
    プレスリリースによれば新会社は液晶のほか「有機EL等の高付加価値技術の研究・開発も積極的に行う」予定。
    業界シェアナンバーワンだったのに「ジャパン」社に追い抜かれることになってしまったシャープが気がかりです。

     がんばれ日本!って感じのニュースですね。
    中小型という事でまさにスマートフォンやタブレットにぴったりなサイズ、あるいはカーナビ等にも使えるのでしょうか?
    有機ELディスプレイも開発を行うという事なので、一度は撤退したソニーですがサムスン以上の品質で省エネのディスプレイができればスマートフォンにも携帯電話にも使えて将来性がでてきますね。


    スポンサーサイト

    ライブ船舶マップ

     スマートフォンを航海計器として使うっていう記事の中から、このライブ船舶マップというwebサービスが出ていたので早速チェック。
    自船の位置表示が義務付けられている大きな船の位置が分かります。
    とはいえネットを通してから表示されるのでライブとはいってもタイムラグがあるのでだいたいの位置確認程度。
    それに混み合ってるかどうかくらいは確認できます。それに風向きも出ます。
    船舶名にチェックを入れたら船舶名が出るので双眼鏡で確認できる距離なら実際の位置とのズレも確認可能です。

    ライブマップ

    運転士「顔の汗ふこうとしたら...眼鏡ない」 新幹線 緊急停止

     28日午後8時10分ごろ、東京発博多行き山陽新幹線「のぞみ53号」が相生―岡山駅間を走行中、男性運転士(48)から「眼鏡がない」と東京指令所に連絡があり、新幹線は岡山駅の約8キロ東で緊急停止した。

     JR西日本によると、運転士は新大阪駅から乗務したが、「顔の汗をふこうとして、眼鏡をつけていないことに気づいた」と説明しているという。JR西は代わりの運転士を上りの新幹線で派遣し、停止地点で交代させて約45分遅れで運転を再開。
    当該列車を含む上下線17本に遅れが出て、約6300人に影響した。

     JR西によると、眼鏡をかけた状態で視力が1・0以上なければ新幹線は運転できない規則で、この運転士は今月着用が必要になったばかり。JR西は「眼鏡を使用せずに運転したことは誠に遺憾。注意喚起などを行い、再発防止に努めたい」としている。


    こんな事が大きなニュースになる位に日本の新幹線は安全なんだと思えます。
    しかも眼鏡を忘れた事よりも眼鏡を使用せずに運転した事の方を重要視しているのが大事ですね。
    多分車の運転時は眼鏡使用しなくていい位の視力なので忘れてしまったのでしょうね。

    傾斜計

     今回は行きも帰りも前回よりうねりが大きく大変でした。
    特に潮岬を過ぎるまでが、とはいえ走っておかないと台風の接近でより大きなうねりになる可能性大なので。
    色々な物が揺れと共に移動しましたが上りの時に一度倒れたデスクトップパソコンは倒れませんでした。
    しかしロードバイクは上からロープで引っ張ってる感じだったので転倒まではいきませんでしたが、転倒しかかってロープで救われてた状態。
    ギターはスタンドに立ててたのですが、スタンドごと移動してて倒れてはいませんでした。
    後で傾斜計を見るとこんな感じ。

    傾き

     真ん中の針がウェイトによりまっすぐになってる状態なので傾くと左右の針が最大値で止まるという原始的な原理。
    左の方が振れてるという事は右に大きく傾いたという事です。
    これは風向き、うねりの来る方向波の形により左右差がでます。
    荷物は積んでいない空船状態だったので荷物のズレの心配がないだけマシです。
    頑張る人はこの倍くらい傾いても走っちゃいますが、危険なだけなので基本的にはそこまでの波だと安全優先で避難となります。

    ソニー、防水仕様のヘッドフォン一体型Walkman発表

     NWD-W263は、ヘッドフォン一体型デザインでランニング中も軽快に音楽を聴ける「ウォークマン Wシリーズ」の新製品。
    JIS 防水保護等級 IPX5相当の防水仕様で、スポーツ時の汗や突然の雨を気にすることなく使えるほか、汗や汚れなどを水で洗い流すこともできる。

     本体重量は約32グラムと、従来機「NWD-W253」(43グラム)と比べて約25%の低減を実現。
    形状もコンパクトになり、女性でも自然に装着できるようになったという。また従来機ではマグネット固定による「電源オフ」機構を採用していが、「鞄の中で外れて誤動作し、気がつくとバッテリーがない」というユーザーの声を反映し、今回は電源オン/オフのスイッチを備えた。
    さらに楽曲の送り/戻しやボリュームなどの操作ボタンを左右に分けて配置することで誤操作を防止。ランニングでも快適に使えるよう、操作性の向上が図られている。

     在庫整理してるなと思ってたらやはり新型ウォークマン出ました。
    コンパクトかつ軽量化されて。11gだけど25%と考えるとけっこう大きい。
    特に走る時に付けたいって人には大きいでしょう。
    前の型でも良かったのですが、小型軽量化してるとなると食指が動きます。
    値段はオープンですが、ソニーストアでは9,980円なのでそれに近い価格からスタートでしょう。
    容量は前と同じ4GBです。


    ネット動画

     ネット上の動画には多種多様なものがありますが、偶然見つけたP-CUBE チャンネルの 『LET'S P-TUBE!』っていうの。
    主旨としては、大阪でテレビ番組やWEB等の映像制作を手掛けるプロダクション P-CUBEが、自社で撮影・制作した映像やCGをYouTubeを通して世界に発信するチャンネル、それが『P-TUBE』という事です。

     そしてその中の動画に中国人のリポートする日本語訳だと『びっくり日本』ってコンテンツ?
    その内の一つが中国嫁日記でも月(ゆえ)さんが日本のトイレにトイレットペーパーが完備してあるって驚いたってエピソードがありましたが、実際にその事をカメラマンを連れてリポートしてました。
    リポーターが研修を受けてるビルにもあるし公衆トイレにもちゃんとあるって、多機能なトイレには驚きませんがトイレットペーパーがあるのに驚くって。
    しかも予備のペーパーまで置いてあったりってとこに注目。
    中国ではわざわざリポートする程の驚きなんですね。

    UHFアンテナのツイン化

     今日はちょっと時間のある間にUHFアンテナを増設。
    昨日は殆どが雨天と風で設置が無理だったので。
    下側に付けたのが今回のです。
     
     まず上のアンテナから伸びてるケーブルをカットしてパイプに取り付けたUHF混合器にケーブル取り付け。
    更に新しいアンテナを取り付けてケーブルをだいたい同じ長さにして取り付け。
    ほぼ同じ方向に向けるならまったく同じ長さでないと干渉してかえって電波を弱めてしまうそうですが、これだけ角度を違えてたら干渉はしないでしょう。
    この後知人の言うように反射器を外して反対側からも受信シやすくしました。
    動かない家の屋上とかなら反射器は有効なのでしょうが、どちらから電波が飛んで来るか分からない船だと反射器を外しておいた方が得策のようです。

     感度は上がったようで感知する曲数は増えたのはいいけど、ブロックノイズの出るような局まで拾ってしまうので取捨選択しながらの選局が面倒になったりして。
    でも全然入らないよりは勿論いいのですが。

    UHFアンテナ

    どこもそうなのでしょうか?

     子供達の夏休みの宿題の手伝い。旅行から帰ってからは毎日の様に。
    ポスターの字入れに際しフォントをプリントアウトしてカーボン紙で写して色付け。
    ネットで参考になる事柄を探したりと色々。
    なるべく本人にやらせるようにはしていてもやっぱり手伝う必要が。
    というか先生の方も手伝うの前提で出してる宿題もあるとしか思えない物も。
    夏休みの終り、宿題の終りまで果てしない道のりです。
    手伝ってなくてもすぐ遊びだすから監視の役割も担ってるので。

    家族旅行に行ってました

     金土日と三日間。前日の23時過ぎに車で出発。1時に高松出港のフェリーへ。
    ところが着いてみるとフェリーの到着が遅れていて1時間程の遅れで出港。
    電車じゃないから後の連携とか関係ないんですが、逆にゆっくりできたような待ち遠しかったような。
    暑いから車内でエアコンかけながらなんで暇でしたね。
    いつ到着してもいいように寝られないし。

    そして乗船してから椅子に座れましたが、下二人は割と寝てたけど他はそんなに寝られず金曜は寝不足な日でした。
    下船してからはカーナビが活躍。買っておいて良かった~と実感しました。
    ずっと橋を渡りながら有料道路を神戸から海遊館まで最短ルートで。
    ところがまだ8時前だから海遊館の駐車場さえ開いてなくて弁天町付近のファミレスで朝食。
    海遊館自体は感動もしてはいるけど、大感動って程でも無く入場券の入れ方が分かってなかったのが田舎者だなと安心?不安?

     それからは買い物へと難波へ行き、LABI 1に駐車しておいて小さいバッグを持って歩きまわった。
    子供達が喜んだのはやっぱりおもちゃやゲームのある所。
    そして嫁さんは良さそうな店を見つけたら立ち寄るって感じで大阪を満喫。

     初日の宿は前日になんとか取れてたけど空いていただけに、ドアはレトロなアパートを彷彿とさせる鉄板をプレスしたドア。
    和室だったけど畳は年季が入っていてエレベーターも古さを感じさせる物。
    しかし、翌日も取りあえず泊まる所を確保しようと空いてるか聞いたらいっぱいで予約取れずorz。

    そんな訳で午前は子供達優先で玩具屋関係からゲームソフト屋さんへ行きそれぞれDSの中古ソフトをゲット(小使いはいっぱい貰ってたので自分で支払い)。
    その値段の安さに感動しつつ、誕生日には又中古ソフトを買ってもらうぞと既に予定してました。

     宿の心配があったから新大阪駅まで行って駅の案内で予約をと思ったけど、それらしいのはなかったからJTBで空いてる所を探してもらったらりんくうタウン駅のそばでやっと空いてるホテルを発見し安堵。
    これで不安な解消されたので後は街中を歩きながら店に寄りつつって感じでした。

    この新大阪駅まで行く際に子供達に切符を買わせたのですが、そこは戸惑いながらもなんとかなりました。
    ところが自動改札機を通る際には、どっち向きに入れるの?とか裏表は?とか、いかにも初心者な疑問が笑えました。
    しかも入れた切符を回収せずに通り過ぎようとするおまけ付き。
    着いた時にも入れた切符が出てくるのを待っているという初心者ギャグを披露してくれました。
    都会の人の多さに辟易してたのが長女が一番でしたね。
    下二人は玩具屋やゲーム関係のがいっぱいあって、もし二人だけなら時間が足りなさすぎだったでしょう。
    もっとも二人だけならあっという間に迷いますが。

     土曜の宿は前日とはうって変わってというかギャップが大きくて豪華に見えました。
    りんくうタウン駅までは南海電鉄で行ったのですが、急行でも急行券が要らないのを知らなかった嫁は僕が最初に大阪で乗った時と同じだなと安心。

     ホテル自体は関空できてからだから新しい分キレイで、ツインとトリプルという二部屋なのに前日の1.5倍の値段で逆にリーズナブルに感じました。
    駅の南側のモールはもうすぐ閉店って時間だったから夕食も店が半分閉まりつつあったのが残念。しかし観覧車のイルミネーションがキレイでした。
    1階で翌日の朝食を買ってからホテルへ、ずっと陸橋で繋がってるから道を横断する必要がないってのも好印象でした。
    翌日は最後だからって土産物を探そうとしたけど、大阪名物ってイマイチそれらしいのをどこにも売ってなくて結局フェリー内で半分以上買いました。
    大阪にはよく行ってるけど土産物なんて探した事ないですからね。

     あまりの厚さにUSJには行きませんでしたが、子供達もまあまあ満足できたのではないでしょうか?
    荷物を考えると今回は車移動とフェリーは正解だと思います。渋滞にも巻き込まれないし。
    仕事柄ホテルがもっと前からの予約ができなかった(休みが取れるかどうかさえ分からなかったので)のが残念ですが、ちゃんと旅行に行けたから結果オーライって事で。

    やはり東電の夏場の電力不足は嘘だった

     ”東北電力は8日、東京電力からの9日の電力調達を、当初予定していた110万キロワットから融通枠の上限である140万キロワットに引き上げることを明らかにした。これに伴い、東電に融通枠自体の拡大を要請。
    現行枠の4割以上に当たる60万キロワット増の200万キロワットに拡大することで合意した。
     東北電は豪雨による水力発電所の停止で供給力が大幅に落ち込んでおり、9日は気温上昇でエアコン需要が高まると予想されている。
    同日の予想最大消費電力は、前日より20万キロワット多い1250万キロワット。これに対し、東電からの調達分も加えて1303万キロワットの供給力を確保し、4.2%の供給余力で対応する。!


     電力不足どころか東北電力に融通できる程余裕があるんだから電力足りない詐欺で原発を存続させようとしてたのがバレましたね。
    ホントやる事が汚いです。

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    07 | 2011/08 | 09
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード