新作Only you can rock me

    今年二本目となる曲をyoutubeへ上げました。
    今回からLUMIXのミラーレス一眼での撮影です。
    前回までのコンデジの1/2.3インチのイメージセンサーと比べると約9倍の大きさという事で、同じサイズで鑑賞するにもコンデジで撮影したものだと9倍引き伸ばす訳だから当然一眼カメラで撮影したものの方が画質いいですね。
    特に肌の質感の違いが解かりやすいかな?
    これまでと同じ720ピクセルで撮影していますが素人でもわかるレベル。

    演奏の方は単音の時にはワウペダルをオンでマイケルっぽさを出すようにしました。
    編集は相変わらずムービーメーカーです。
    AviUtiとか使ってみたいのですが。

    スポンサーサイト

    EW-88使ってみて

     手持ちの弦を探してたら、いつ買ったのかエピフォンの弦があったので交換。
    なかなか質がいいのかブリッジの駒がオクターブチューニングしたあとだいたい揃ってます。
    やっぱり安物弦は大ハズレのがありますね。
    グレコのピックアップはスーパースクリーミンとう名にしてはハイが足らずに抜けが悪い印象。
    まあボディの木材感出てる感じからいくとナチュラルな感じでいいのかな?とも思えますが。
    ちょっとずつ現高変えてみたりして試行錯誤しています。

    ウィルキンソンブリッジは1弦と6弦の駒をベタ付けしてスタッドボルトを上げて現高調整してます。
    この方が支点との距離が近い分チョーキングした時の動きが少なくていいように思ったので。
    記事を見てたらブジッジよりスタッドボルトの方が摩擦で減るかも?っていう事が書かれてました。

    Greco EW-88

     日曜に新たにGreco EW-88を買いました。

    Greco EW88 (S3)

     色はお気に入りとは言いがたいですが、45%OFFだったので。
    もし好みの色とオーマチックバージョンを購入となると二万は上乗せが必要でしょう。
    MADE IN JAPANで税抜き五万切りはなかなかありません。
    オーマチックの方がチューニングの安定性やサスティンに有利かな?と思っていたけどGreco自体なかなか置いてないし、ましてやオーマチックのは見た事さえありません。

     そんな訳で在庫ありで特価だったので購入した訳ですが、練習によく使っているIbanezがビビりポイントが増えすぎてこれはもう気持ちよく弾きにくいから引退だなと代わりのを探していた次第。
    これはダブルカッタウェイだから弾き易いだろうと、対抗としてはエピフォンのTAKモデルを考えてました。
    ただエピフォンって中国製なのにGrecoより高いのが気になってまして。

    これはネックが塗装じゃないので試奏した時に気にはなりましたが慣れるだろうと。
    実際に慣れてきたら滑りの良さがスライドには向いてますね。
    両サイドが割と少ないからフレットから弦落ちしないか?と気になりますが今のところ問題ないようです。
    弦はまだ009からのゲージなので音も含めてまだこれから印象変わるかも?
    重量は3.1kgしか無かったので立って弾いても負担は少な目です。
    特にCoolZと比べると重量差は大きいですね。

    音はスクりーミンってネーミングから考えてたよりはノーマルな感じ。
    Ibanezに搭載しているセイモアダンカンをこっちに移植するかまだ考え中です。
    ゼブラカラーは見栄えいいですし。
    でも移植するならタップしてシングルの音が出せるようにポットも変えたいところ。

    Ibanezでは弾いてる時にボリュームつまみが指に当たり段々回ったりしてましたが、これはピックアップ切り替えスイッチなのでそういう心配は無し。
    CoolZもそうですが、高めのギターはピックアップ切り替えスイッチの動きが軽いです。

    E.ギター 最近のチョー基本的な練習

     今年になって弾きなおしというかリスタートしたので基本の練習は欠かせません。
    しかもyoutubeという便利なものがあるから練習方法は山のようにあります。

    その中から選んだのが 3,4弦でドレミファソファミレドと弾くもの。
    まずは4弦10フレットから初めてシドレミファミレドシと下がって行き、次に3,2弦へ2,1弦へと移動しながら同じように練習して行くもの。

    もう1つは一本の弦で、例えば1弦の8フレットからミドレミレドを何度は弾き、ファレミファミレと上がったり下がったりして右手と左手のシンクロ率を高めて行くもの。
    これ始めた当初はけっこうゆっくりでないとできませんね。
    つまりシンクロが全然ダメって事ですね。

    一番大事なのはリズムパターンやメトロノームに合わせるって事。
    リズムが合ってないと左右がシンクロするのは難しいですから。

    フロイドローズ弦交換

     弦の痛みが気になってきたのでGRECOの弦交換しました。
    楽器屋で「どれ位で弦を交換したらいいんですか?」って聞いてる人がいて、店員さんは一ヶ月に一度位はって言ってました。
    まあスタジオへ行く訳でもイベントへ出る訳でもなけりゃそれ位で十分かな?と。

    いつもの様にボディを拭いてフレット磨いてフィンガーボードにはレモンオイルを塗って拭いてって一通り終えて弦を張ったらなぜかボディ側にフロイドローズが落ち込んでる。まるでゲージを細くしたみたいに、今まで通り009からのゲージを使ったのに。
    これにはスプリングアンカーのボルトを少し緩めて対処。
    弦交換の度にリフレッシュしてピカピカになるのがいいですね。

    今回は更に弦高調整とピックアップの高さ調整をあらためて。特に前後の音量バランスを。
    普通はフロントピックアップの方がちょっと音量大きめになるのが基本でしょうが、そこはバランスも考えつつ調整。

    GRECO WS50FR

    いつもフロイドローズがボディ側に落ちないよう割り箸挟んで弦交換してます。
    ちょっとオクターブ調整用のボルトが緩めかな?とは思いましたが、オクターブの位置は狂ってませんでした。

    VOX MINI 5 Rhithm

    普段の練習用にVOX MINI 5 Rhithmを購入しました。
    G3Xにもリズムパターンは入ってるしPhoneアウトがあるからパワーアンプに繋げたら同じように使えるのですが、やはりこっちはパワーオンですぐ使える簡単さがあります。

    一番気に入ったのはリズムが入ってるところ。
    リズムに合わせての練習って基本ですからね。
    G3Xはテンポがきちんと決められるのはいいけど、やはり一手間二手間必要になる。

    そのリズムもチューニング用だと思っていたLEDが実はリズムパターン選択を表示するようになっていて、この3つのLEDで3つのパターンで更に三色用意しているから9パターンあるって事。
    8 BEATだけでも9パターンもあるってすごいですね。
    まあメトロノームはアクセント無しの1パターンしか使いませんけど。

    サウンドと同じで細かく設定できるけど、練習だけならそこまで必要ないからだいたいのサウンドが出せれば。
    ただ折角エフェクター内蔵してるけどコンプとコーラスが同じツマミにあるから同時使用できないのだ残念。
    この2つは一緒に使う事が多いので。

    VOX MINI5Rhythm

     こんな感じでスイッチオンですぐ使えるのがいいですね。
    白ツマミがアンプの基本設定用で、左エフェクト右リズムって感じです。

    そしてもう一つこれがいいなと思って買った理由の一つで出力が0.1W1.5W5Wと三段階に切り替えられるところ。
    はっきり言って家で使うならo.1W以外に切り替えるってほぼ無いくらいじゃないかと思います。
    たま~~にちょっとだけ大きい音鳴らしてみたいなって時に出すだろうけど、それは年に何回あるか?
    とにかくコスパが良くて練習用アンプとしてベストって感じです。

    新しい動画を上げました。
    今回はエレキギターを始めた頃から弾いているSmoke on the waterです。
    といっても今まで一曲通して弾くって事無かったし途中弾けない日々があったからもう一度最初から練習したって感じですけど。
    ギターはyoutubeでは始めて使うGRECO。
    音作りけっこう悩みましたけど、上げたの聞いてみると歪ませ過ぎたかな?って思います。
    ソロ最後のディレイは効果が弱すぎましたし。

    あとストラップは革のが欲しい。

    youtubeへ二本目の動画を上げました

     第二弾をアップしました。
    割りと初期から弾いてる高中正義の曲です。
    最初に発表されたのはサディスティック・ミカ・バンドのアルバムでですが。
    ボリューム・ペダルを踏み込むタイミングが難しいです。

    台風が大したことなかったので、こんな事してても大丈夫でした。
    もっとも夕方近くから土砂降りになったりしましたけど。
    前が見づらい状況でもライトをなかなか点灯しない人が多いのは残念。



    youtube 初投稿

    初と言っても実際には限定公開で一本上げてましたが、今回は一般公開。
    CoolZ ZLS2を弾いた動画です。
    特に前半はグダついてるというか、チョーキングの音程も微妙ですが。
    何度撮り直したやら。でも、いい練習になります。
    なんかyoutubeに動画を上げる為だと思うとモチベーションが上がります。

    因みにZLS2はペグをGOTOHのマグナムロックに、そしてブリッジもESPのOEMのGOTOH製に替えてます。
    まあ音への影響は殆ど無いでしょうけど。

    GRECOに誘電塗料塗布

     ピックアップを外してみるとやはり誘電塗料は塗られてませんでした。
    なので早速二度塗り。
    フロントピックアップのケーブルが赤でリヤが青と分かりやすく色分けされてました。

    そこにアースとして黄色のケーブルをネジ止め。
    サイドにある深い窪みにネジ止めしました。

    WS 誘電塗料塗り

    ケーブルを通す穴はけっこう細めですが、もう一本追加するのに困る程ではなかったです。
    フロントからリヤへ、更に電装のザグリへと通します。
    勿論リヤピックアップの所でもネジ止めしてアースしてます。

    WS 誘電塗料塗り02

    ポットが大きいからか結構詰まってるって印象。
    アーチドトップだからサイドへ行く程薄くなってるから、あまり深く掘れないってのもあるでしょう。
    ここはCoolZと同じく塗られてはいるけどちょっと薄いかな?と思い重ね塗りしておきました。

    この後初の弦交換とフレット磨き、指板はレモンオイルを塗りました。
    とりあえず基本的なメンテナンスはできたかな?というところ。

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    10 | 2017/03 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード