Greco EW-88のナット交換

     Greco EW-88のナットが解放弦で弾いたらビビる位に低かったのでナットを交換しました。元はこんんなに低くはなかった筈なのですが。
    今回使ったのはgraph tech の TUSQ-XLという物で永久潤滑ナットと名付けていてテフロン入りの方をXLを付けて差別化しています。
    最初はエピフォンES-339用にと思って買ったのですが、高さが足りずGrecoに使用しようと。このEW-88のナットチェックしてたらやたら低くて開放弦鳴らしてもビビる程だったので。
    元がエピフォン用なのでこれと比べるとかなり厚く1.5mm近く薄くして合わせました。幅はほぼエピフォンと同じなのでES-339に合わせて削った状態でぴったりでした。
    写真奥にあるのが元から付いていた物です。

    GrecoナットタスクXL 

    高さ合わせで少し削りましたが少し高い位でやめて取り付けたのですが、弦をチューニングしてみると意外と高さが下がり丁度いい位に。下手すると削り過ぎてしまうところだった。
    普通のダイソーでもあるようなヤスリで削ったあと600番のダイヤモンドヤスリで仕上げて耐水ペーパーで整えました。

    高さを確保できたので解放弦がクリアに鳴るようになったのは予想通り。しかし素材的には元のとあまり変わらないので音質の変化は体幹できません。
    スポンサーサイト

    EPIPHONE ES-339PRO

     先日大阪に行った際にとうとうEPIPHONE ES-339PROを購入しました。
    DOTもかなり値引きしてあるのが一本あったからそちらと比較しましたが、こちらの方が高かったのですがDOTの方はやはり自分には大きく感じて胸元への圧迫感が気になりこちらに決定。
    色も大幅値引きしているDOTはナチュラルでFホールに塗られている黒の仕上げの雑さが目立ってしまってましたので。

    ES-339PRO (AL2)

     持ち帰っていざ弾いてみると試奏した時には気にならなかったフレット端の仕上げ。指が角に当たって下手したら怪我しそう。
    なので自分でヤスリ掛けしました。
    使ったヤスリは奥は元々持っていた物ですがサイドを磨いてバインディングに当たっても削れにくいように。手前のは仕上げ用にと600番の細かめの物を購入しました。
    結果サイドを指でなぞっても当たらず弾き易く。ただ仕上げは1000番クラスの耐水ペーパーでやらないとピカピカにはなりませんね。

    DSC01329.jpg 

     弦高やピックアップのセッティングもしていったけれど、どうもフロントピックアップの方がパワーが強い。なのでかなりフロントは下げたのですがまだバッチリというまでには至っていない感じです。
    重量的には同じEPIPHONEのレスポールよりも若干重いようですが、CoolZのに比べれば全然軽い。まあストラトと近い感じです。音もセミホロウだから少し生音大きいかと思ったけどソリッドとほぼ変わらずっていうところ。

    チェーンライン修正

     チェーンホイールのインナーギヤをアウターの位置に付けるのは前回無理っぽいなと思っていたのですが、今回もう一度入れてみようとしたらキツイもののちゃんとアウター位置に取り付けられました。
    お蔭でチェーンラインが改善されたので、これでチェーン外れから解放されるでしょう。
    今までたまにトップに入れたら外れていたので(昨日も何度か)割と高速になってる段階でのチェーン外れだけに厄介だなと思っていたからなんとかアウター位置にインナーギヤを移動できないかと思っていただけに一安心です。

    EscapeR3のスプロケット変更

     昨日クロスバイクで出掛けた際に買っておいたスプロケットを交換しました。
    平地で巡行している時や若干の下りの時にほんの少しハイギヤが欲しいと思う時があったのと、橋を上がる際に結構キツイなと感じたのでトップとローを1Tずつワイドに振った11T-28Tのスプロケットに。
    細かい配列を書くと11-12-13-14-16-18-21-24-28という並びになっています。
    左のはロード用と考えてたので内側がアルミで軽量化されてるのもあって20g以上軽いです。
    でも今は右の鉄製スプロケットしかないようで、やっぱり主流が10速に移ってしまっているからワンランク上のは在庫が無さそう。

    スプロケット

    店舗では10速のスプロケットも見てみましたが、値段が倍近くになるのでクロスバイクに装着するにはどうかな?と思いました。

    11-28T.jpg

    実際にスプロケットを取り付けて回してみるとフロント側が外れる事があったので調整しつつチェーンをつめてテンション掛けないといけないかな?という感じです。
    とりあえずはこのまま走ってみつつ様子見でいこうと思いますが。

    GIANT Escape R3の現状

     現在はフロントのシングル化でこんな感じになってます。
    タイヤは青いのにしたら視認性が上がったから安全性も上がったと思います。付けて分かったカラータイヤの思わぬメリット。

    EscapeR3シングルか1

     フロントはロードのTIAGLAのインナー34TのみにしてFDは外し左ブレーキレバーも元のレバーへと戻しました。
    ギヤ比はインナーのみなので無風で巡行だと34x12Tなので若干軽いなというのはありますが、のんびり走っている時は気にならないのでまだ様子見状態でフロントをチェーンガード付きの39Tにした場合の事もどうなるかな?と思案中。

    シフトケーブルラインも外したのでスタンド付けてて9kgと軽量化できました。ハンドル周りもスッキリしました。
    FD無いと調整がぐっと楽になりましたね。
    最初からシングル化を考えていたらリヤは10速もありだったなと思ってます。そのうちいじりたくなるかも知れませんがw。

    F周りby R3

    三代目に似てる ねこ時計

    カレンダー&アーカイブ(Tree)

    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    + アーカイブ
     

    QRコード

    QRコード